プロになるための学校選び|フードコーディネーターについて学べる専門学校|食を職に活かそう
男性

フードコーディネーターについて学べる専門学校|食を職に活かそう

プロになるための学校選び

ウーマン

手に職をつけるメリット

かつては猫も杓子も大学へ進学したものですが、最近の傾向は専門学校へ進む若者が増えていることです。これは景気の悪化の影響によって、大学を出ても就職先がないという現実に関係しています。将来食いっぱぐれがないために手に職をつけようという機運が盛り上がり、専門知識を教える専門学校が人気になっているのです。 特に人気なのが料理の専門学校です。これはグルメブームの影響もありますし、和食が世界遺産に認められたことも影響しています。実店舗にいきなり見習いで修行に入るという方法もありますが、料理の専門学校へ通えば和食、洋食、中華、イタリアンなどなど全てのジャンルに渡って基礎を勉強できるメリットがあります。 自分がどの分野で働きたいか決まっていない場合は、料理専門学校へ通ってから進路を決めても遅くないので、その辺は工夫次第です。

細分化されていく食の学校

今、日本には多勢の外国人観光客が押し寄せています。色々な国や人種の人たちが日本のグルメを楽しみにやってくるのです。このような人たちには好みがあって、ある人はラーメン、ある人は寿司、ある人は和食といったように傾向が別れています。 料理を食べる側の指向が細分化されているため、料理を提供する側も細分化せざるを得なくなっています。昔なら街の中華屋さんに入れば和食から中華までのメニューが揃っていたものです。しかし今の時代は単品に特価されたお店が人気です。 このような情勢を受けて、料理の専門学校でも広く浅くではなく狭く深く教えるというプロの育て方になっています。ある特価した料理を目指すためにはもちろん料理の基礎を教える必要がありますが、専門学校の今後を予測すると料理ごとの学校がたくさん生まれてきます。